更生プログラムの必要性 - なんでも屋 通信販売 ネットショッピング

なんでも屋 通信販売 ネットショッピング ホーム » ◇ ◇ もっと知りたい ◇ ◇ » 更生プログラムの必要性

更生プログラムの必要性

[更生するには] ブログ村キーワード

イジメや薬物など重犯罪に絡む事件が増えていますね。

イジメをする側も覚醒剤の乱用者もこれはもはや「病気」ではないでしょうか。

会社のパワハラやイジメ加害者・・・薬物から抜けられない人が少年院や刑務所から出てきても「再犯」する率が高くなっているという。

色々な情報が欧米から入るようになった現代、このような問題にもやはり欧米並みの更生プログラムが必要だと感じます。

例えばアメリカのいわゆる非行少年達の更生プログラムに「刑務所体験」があります。

ドキュメンタリー番組をご覧になられた方も多いと思うこの更生プログラムは看守や囚人から非行少年が脅されるシーンが多く、時間の経過とともに非行少年達の気持ちや態度に変化が起きてきます。

親や友達には平気で汚い言葉で罵っていた非行少年達も本物の囚人の前ではすっかり大人しくなってしまいます。

・叱る大人がいない
・犯罪を見て見ぬふりをする
・家庭内暴力が当たり前だと思っている

そんな非行少年たちが刑務所の看守や囚人の前では敬語を使うようになったり親に素直になったりするというから不思議な光景ですね。

まぁモチロンこのようなプログラムを組むときは国の税金を投入するわけですから反対する意見も多いとは思いますが、社会問題化しているイジメや薬物依存問題は「病気」なのですから正しい治療で治してあげるのが必要なのではないでしょうか。

例えば学校でイジメがあれば警察ではなく「病院」に入院させ、カウンセリングを受けさせ、イジメに至る経緯を大人が理解してあげる。

例えば薬物中毒などで再犯の恐れがあるなしに関わらず刑期を終えたのち入院や通院をさせる。

などの更生プログラムが日本にも誕生して欲しいものです。


楽天市場 → 学校はイジメにどう対応するか/宇井治郎【2500円以上送料無料】

楽天市場 → 急性薬物中毒の指針 [ 日本総合病院精神医学会 ]

楽天市場 → 【メール便送料無料】 性犯罪防止マニュアル

楽天市場 → 「暴対法」下のヤクザ [ 猪野健治 ]



[いじめた側] ブログ村キーワード欧米諸国ではイジメられる側よりもイジメをする側をカウンセリングすることが多く、またそのような治療施設も数多く存在しています。学校によっては専任のカウンセラーを常駐させイジメ加害者の治療にあたっているということです。一方、日本の場合は担当の教師に一任しているケースが多く、イジメ問題に対する専門員も少なくイジメる側よりもイジメを受けた被害者を救おうとするケースが目立ちま...
いじめ加害者にならないためのプログラムとは

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
成長因子で発毛