子供の貧困 支援 - なんでも屋 通信販売 ネットショッピング

なんでも屋 通信販売 ネットショッピング ホーム » ↳ 子供を賢く育てる » 子供の貧困 支援

子供の貧困 支援

[奨学金制度] ブログ村キーワード

今の日本では6人に1人が貧困の生活を送っているという

パッと見た目では判断しづらいものが貧困や家庭内暴力

大人が一人の家庭に限り貧困率を見てみると54.6%と先進国の中で最悪な数字が出ている

ただ貧困と言ってもボロボロの服を着ているわけでもなく親もスマホを持っている、など外見からは貧困とはとても思えない生活ぶり。

リンク先 → 「子供の貧困」 サポート情報提供ホームページ

リンク先 → 崖っぷちの人を救う フードバンク

子供の貧困問題で一番問題になるのが教育で志望校への進学や塾などの費用を用意するのは「親次第」という家庭がかなりの数で増えてきています

大学への進学で一番の悩みは入学金や授業料といったいわば「お金」が真っ先にきます

せっかく子供が上の大学を狙えるくらいの知識があっても親の経済力次第では諦めさせるしか手立てがなくなります。

そんな中で「返さなくても良い給付型奨学金」をもらえる団体も存在しています

「お金がないからダメだ~」と諦める前に事前に情報だけは収集するようにしておきましょう

もちろん国の奨学給付制度もありますので、そちらも参考にしましょう

国が行う奨学金制度は今までは「貸与型」だったんですが2014年度からは「条件を満たす」と給付型の奨学金制度を利用できます

まぁこの条件というのが高校生を持つ家庭で年収250万円未満ということでかなり厳しい感じもしますが対象となる方は大いに利用した方がよいでしょう。

さらに満額を給付してくれるわけじゃなく最大で年数十万円になるので不足分は「貸与型奨学金」や「教育ローン」使って補わなければいけません。

企業や団体の奨学金

・まなべる基金
・電通育英会
・JT奨学金
・東京大学基金
・コカコーラ教育財団
・竹中育英会

など、その他

調べるとけっこうな数の奨学金制度を設けている企業や団体が多いです

新聞社の奨学金

・東京新聞
・産経新聞
・朝日新聞
・読売新聞
・毎日新聞

などの新聞社で育英会・奨学会などの制度があります、自宅で新聞を取っている方なら相談しやすいですね。

「貸与型」の奨学金は「学生本人」が働いてから返済していく奨学金です

周りが行くから「なんとなく」大学へ奨学金を借りて通うということは将来その奨学金の返済が待っていることをお忘れなく。

「お金を借りてまで勉強している」という強い気持ちを持って大学生活を有意義に過ごして欲しいものです。

このように今現在お金が無くても「教育」を受けたい方には奨学金制度がありますので真剣に取り組んでみる価値はあると思いますよ。

リンク先 → 文部科学省 奨学金事業の充実

リンク先 → 奨学金支援制度別 全国大学一覧 

リンク先 → 日本学生支援機構 JASSO

楽天ブックス → 大学進学のための全国”給付型”奨学金データブック 奨学”ローン”はNO! [ 給付型奨学金研究会 ]

◆ アマゾン → ブラック奨学金 (文春新書)



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
成長因子で発毛